穴のあいたスプーン

 

I can't save すくえない
I can’t save  すくえない  2015

 

先日、展示した作品  “ I can’t  save  ”

スプーンにたくさんの穴。すくおうとしても、こぼれ落ちてしまう。救おうとしても救えないことがある、ことば遊び。

 

政治家がギャンギャン、救う!戦う!屈しない!と騒いでる。

戦争はしない。って、たくさんの人たちが、感じて行動してるのに何にも変わらない。

ISIS、人質問題。とても嫌な流れになってる。

穴のあいたスプーンは、湯豆腐をすくうことはできそうだね、ってよく言われるけど、

全くもって、
すくいたくないよ。

人質に関しても、自己責任の範疇であるとか無いとか、政治や戦争に利用しようとしてる気しかしない。

たった2人の命を日本は、
すくえないんだよ。

 

なーんて、憂鬱になった夜のメモ。

親友が鬱気味でして…

心配なのです。

提案したところで、役にはたたないとは思うけど、長文読解が苦手な彼女のために、気分転換の方法を箇条書きしてみたいと思います。

 

1. しかばねのように寝る

2. ズル休みする

3. 玉ねぎをみじん切りにする

4. とにかく歩く

5. 石に穴をあけてみる

6. トイレに立てこもる

7. キャッチセールス及びナンパに捕まってみる

8. 普段飲まないようなキツイ酒にノまれてみる

9.  貯金を使い切る

10. 考える力が残らないほどの肉体労働をする

 

意外と、普通なことしか思いつかない。

ヨガにハマっている先輩から教えてもらったアシュタンガヨガ。青年が性衝動を抑えるためのヨガらしいんだけど、鬱にも効きそうな気がする。

 

彼女が、今死んでも後悔はないんだよね、未来の展望もないのよ、なんて言うけど、私は彼女が生きてるだけで、ありがたい。

 

どうせ死ぬなら、色々痛い目にあってから死にたいよね。

カニ食べたいよね。

って、言ったら

さすが長い付き合いの彼女に、

さらっと…カニの話は流されたのでした。

道具も疲れて磨耗するよ
道具もつかいすぎると、疲れて磨耗してしまう。

 

私の穴がいちばん良い。

ブランディング、という言葉を教えてもらいました。
制作だけでなく、自分自身を売り込んでいくこと。

そういうことから逃げていたんです、私。

この2日間くらい、呪いにかかったように唱えてました。
ブランディング、ブランディング、ブランディング・・・

伊勢丹にいったり、本を読みあさったり、人に聞いてみたり。
文字通り、迷走してました。

誰かが “ 穴 ”と聞いたとき、“ 穴 ”を見たときに、
荒木美由を思い浮かべて欲しい。

My hole is the BEST !!!

が、下ネタじゃないって証明したい。
AIOEプレゼンで生まれた私のキャッチフレーズ)

そうした野望を具現化する一歩を踏み出すために、

今日から毎日、ブログを書きます。

気合いを入れる為に、COMME des GARÇONS.で、穴の空いた靴を買ってやる!と息巻いて行ったら、

23センチからしかない!!

私の足は21.5センチなのです。
もう、自分で靴に、穴をあけるしかありません。

そんなことを決意した帰り道。

メダカを3匹買いました。

購入されためだか
購入されためだか “捨てないで”

もともと2匹のメダカを飼っていて、

仲睦まじく暮らしている彼らだって、日々に刺激が欲しいんじゃないかな…と、フッと思ったのです。

黒メダカには、トライアングルラブ
楊貴妃メダカには、純愛

という勝手なテーマで・・・
5匹のメダカたちのシェアハウスの完成です。

 

冷静になった今朝。
あることに気がつきました。

メスがいない・・・!?

ジェンダーフリーな世界が水槽で巻き起こっています。

今後の展開にご期待ください。

私の穴にも、メダカたちの性別をこえた愛にも。

いきいきと泳ぐ彼ら
生き生きと泳ぐ彼ら・・・フリー

つらつら。

happy new year 2015

いりや画廊でのグループ展 “ 初詣 ”
あっという間に終わってしまいました。

ご来場くださった皆様、
参加してくださった作家の皆様、
支えてくださった画廊の皆様、
家族や友人や先生に感謝してもしきれません。
ありがとうございました!!

なんでしょう、いつも助けてもらってばかりです。

祖母がよく思い出したかのように言います。

「お風呂のお湯を、自分の方へ自分の方へ、持ってこようとすると、脇の下から水は逃げていく。相手の方へ相手の方へ、押し出してやると、不思議と自分の方へ、水は返って来るんだよ。」

ふとした瞬間、この言葉に、いつも、助けられています。

たくさんの人が水を送ってくれているのを感じます。

今年は、ぐいぐい、ぐいぐい、
私から押し出していきたい!!!!!!!!!!
返還期です。

次の予定は9月末からの個展です。
大きな石を彫る予定です。

今年も穴をあけてばかりの荒木を、
どうぞ、よろしくお願い致します。

 

見通しよく、行きたいな!

2015年がやってくる。

今年の展示やイヴェントは全て、終わりました。色んな発見があった年でした。

ご来場・応援ありがとうございました。

1月は 初詣@いりや画廊 からです。
fbイヴェントページはこちらから

スクリーンショット(2014-12-24 19.55.22)

今年は3月の個展が終わってから、
ゆっくり生きることにしていました。

海外へ旅にでたり、

ちょっと変わった展覧会やイヴェントに参加したり。

色んな経験をして、
たくさんの人に出会えました。

 

“働かない” を頑張るのは、案外難しい。
それができた、とても尊い1年でした。

そんな私を助けてくれた周りの人々にとても感謝しています。

thank you for your kindness ♡

気がつけば、今日はクリスマス・イヴなんですね。
来年はドリルのビットをくれるサンタさんが・・・現れますように!!

切に願ってます。笑

merry Xmas!!!! and Welcome 2015 

almanac13 “depositors meeting 12”

art&river bankにて
ファイルのセレクターとして参加します。
今回は前回テント村で行ったイヴェント『裏多摩純情通り』メンバーに加え、同じくテント村に参加していたアーティストの千田泰広さんと、最近、屠殺に興味がある園田紗希さんにファイルを作成していただきました。
とても楽しみな1年の最後を締めくくるイヴェントです。
あっという間に、年末で、しんみりしてしまいます。depositors meeting 12
——————————————–almanac13 “depositors meeting 12”
2014.12.21 – 22 – 23
14:00~21:00
art&river bank

テント村#4

 

“テント村 #004”
2014.12.6(sat) – 2014.12.14(sun)
closed on 8(mon), 9(tue) 14:00-20:00※会期中カウンターでは “bar 川の家”を営業します。the place for checking equipments, exchanging information and restoring spirits, toward each target
目標に向かって、装備を点検し、情報を交換し、英気を養うための場所
tent city”テント村”は、アートにかかわる個人、団体のための一種のサテライト・オフィスです。会場に張られたテントを、それぞれの目的のために自由に利用してく ださい。短い期間ですが、スペースが許す限り、参加することも可能です。アートのベースキャンプから、頂上(?)を目指しましょう。

参加テント
荒木美由、菅谷奈緒、千田泰広、CAMP

http://www.art-and-river-bank.net/_site_jpn/exhibition/main.html

参加しています。
日々、発見。
私は私のテントで、毎日祖母の教えてくれた料理を作っています。忘れてしまわないように、忘れてしまっても、、思い出せるように。丁寧に生きることは、難しいです。

art works